• ホーム
  • ストレスや疲労が原因で性病

ストレスや疲労が原因で性病

細菌

性病とは、性感染症のことです。
性行為によって病原菌が感染することが原因なので、そのように呼ばれています。

しかし病原菌の感染は、性行為のみが原因となっているわけではありません。
性病の病原菌は、精液や血液、粘膜などにあります。
性行為をおこなうと、それらに多く触れることになるため、感染する可能性が高いです。
しかし逆に言えば、性行為をおこなわずともそれらに触れれば、感染してしまう恐れがあるということです。
たとえばキスをすると、お互いの口腔内の粘液が混ざり合います。
病原菌に感染していた場合、その粘液によってキスの相手の口腔内にも病原菌が入り込むことになります。
感染している人の怪我を治療する際に、血液に触れることで感染することもあります。

しかし少々の病原菌なら、免疫力によって排除されます。
したがって免疫力の高い人なら、感染している人と関わっても感染しないことが多いです。
逆に免疫力の低い人だと、多少の接触で簡単に感染してしまいます。

免疫力は、年をとったり心身が疲れたりすることで下がっていきます。
そのため性行為を一切していなかったとしても、加齢やストレスや疲労が原因で性病になってしまうこともよくあるのです。