• ホーム
  • 性行為だけが感染源とは限らない

性行為だけが感染源とは限らない

細菌

性病は性行為だけが感染源とは限らないのですが、まず菌が入ってしまうとかかってしまうタイプの性病もあるからです。
確かに性行為で感染する確率が高い病気も多い傾向がありますが、粘膜が直接触れ合うので主な感染経路になっていたりします。
潜伏期間が長かったりすると症状もわかりにくいですが、気づかないで見逃してしまうケースも少なくないです。
それに疲労が溜まっているなどと免疫力が落ちているときなどには、特にかかりやすかったりすることもあるのです。

基本的に普通に日常生活を送っているだけで性病にかかってしまう可能性は低いわけですが、性行為以外でウイルスが侵入してしまう恐れがあったりするとそれで性病になってしまうことも有り得ます。
爪の長さや衛生管理などを怠ってしまうのも原因になりやすかったりもするのですが、きちんとしていると十分予防できるものでもあります。
あとは現在、服用している薬の副作用などと様々な要因が重なって性病につながっていくと言えるのですが、日頃から手を綺麗に洗ったりと清潔にするのを心がけているだけでもかかりにくくなってきます。
気になる症状が出てきたら、病院に行って診てもらってみるのがもっともです。